投稿、始めます。

はじめまして。元千葉ロッテマリーンズ服部です。

本日より投稿していきます。
内容は【普通の野球少年がプロ野球選手になる方法】についてです。
実際の体験から学んだこと、全てお伝えしていきます。
とは言え、「体験って、どんな体験をしたんだよ!?」と思う方いると思いますので、まずはどんな野球人生を経験してきたのか、というところあたりから書いていきます。簡単な自己紹介ってところですね。

自己紹介 ~小学時代~

僕が野球を始めたのは小学一年生です。きっかけは、当時一番仲の良かったオトモダチが、地域の少年野球チームに入ると聞いたので「僕も一緒にやりたい」と親に伝え、僕もそのチームに入りました。今思えばそのオトモダチが入っていなかったら、野球をやっていなかったのかもしれないので、本当、恩人ですよ。
で、練習に参加してみたら、とーっても楽しかったのです。(何をしたかは覚えていませんが。笑)
まぁ、小学一年生なので球遊びレベルでしょうが、楽しくて夢中でしたね。練習は土日だけでしたので、毎週土日が来るのが待ち遠しかったですよ。ただ、僕は体が非常に弱かったので(小児喘息を患っていました)土日張り切って野球をして、月曜に喘息発作&発熱してました。なので、曜日別で学校の出席日数調べたら、圧倒的に月曜が少ないと思います(笑)
ほぼ毎週、熱を出すわけですから、父も母も心配だったでしょうね。自分が父親になった今、息子がそんなかんじだったら、かなり心配ですもん。
今ではすっかり元気になって月曜も元気に働いておりますので、ご心配なく!
そんなかんじで、二年生までは、球遊びレベルで楽しんでいました。

ソフトボール

父が転勤族だったため、小学三年生にあがるころに転校しました。野球は隣町までいかなければならなかったので、地域のソフトボールチームに入りました。野球もソフトボールも同じ道具を使ってやるものだし、球遊びの球がちょっと大きくなるだけという感覚だったので、僕的には何の問題もありませんでした(笑)そこでも、今までと変わらず、楽しく球遊びをしていたのですが、ひとつだけ今までと違うことがあるのです。入ったチームが人数ギリギリだったため、すぐに試合に出れたのです。今までは球遊びの楽しみしか経験したことなかったのですが、試合という今までとは違う楽しみを味わうことができて、また一段と夢中になりました。普段練習したことを試合という場で試して、うまくいったときの快感を覚えたのは、このころでしたね。(もちろんうまくいかない時の方が多かったですよ。)

再び野球へ

小学五年生でまた父の転勤により転校します。今度は小学校に少年野球チームがあったので、再び野球をやることになりました。またそのチームも人数がギリギリだったため(しかも弱小チーム)すぐに試合に出れました。ちなみにこの段階まで、僕はまだピッチャーをしたことがありません(一応、ピッチャーとしてプロ野球選手ですよ)。もちろん背番号1をつけてマウンドに立つピッチャーに憧れはありました。もともと人見知りで、あまり主張するタイプではなかったので(今はかなり主張するかもw)自分から「ピッチャーやりたい!!」とは言えなかったんですよね~。しかし、そんな密かに憧れを抱いていたピッチャーをやるチャンスがいきなり訪れるのです。六年生になる直前くらいに、当時の監督から「ちょっとピッチャーやってみる?」と声をかけてもらったのです。それがピッチャーというポジションとの最初の出会いです。しかし、結果は、コントロール悪すぎて全然ストライクが入らず、ボロボロでした・・・。その後も制球難は克服されず、ヘボピッチャーのまま少年野球時代の幕はとじました。(涙)

とりあえず少学時代はこのあたりで。
キリがいいので今日は終わります。
続きはまた書きますね~。

感想・ご意見等ございましたら、遠慮なくご連絡ください。
お待ちしております。

おすすめの記事